alt属性の文字数は何文字まで?

alt(オルト・アルト)属性はホームページ上の写真や画像に対して設定します。
これを設定してあげる事で画像に代わる文字情報を検索エンジンに伝える事が出来ます。
ただ注意しないといけないのは、検索順位を意識するあまりに画像と全く関連性のない言葉を入れたりキーワードを詰め込んだ意味の無い文章を入れてはいけません。きちんとその画像や写真が意味する文章にしましょう。
それならalt属性の文字数は何文字まで?と聞かれる事があるのですが、Googleウェブマスター向けガイドラインには「極端に長いaltテキストは書かない」と記載されています。
画像を説明するのに適切な文章であればそれほど長い文章にはならないと思いますで、何文字までといった事はあえて考える必要はないでしょう。
例えば、この写真にalt属性を入れる場合は
lantana_01.jpg
「ランタナ」でもいいですし「ランタナ:クマツヅラ科の常緑小低木。中南米原産。観賞用に栽培される。和名はシチヘンゲ(七変化)。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することに由来する。」でもOKです。後者は写真の意味をさらに詳しく説明しているだけですのでこれだけ長くても問題はありません。(※長い方のテキストはウィキペディアより引用)
また、このようなイメージファイルは1つのディレクトリーにまとめておいてファイル名もpic01.jpgのような名前ではなく意味が分かるファイル名にしておいた方が良いです。
そうそう、SEOの事を意識するなら「alt属性」を設定した画像からリンクを貼るとアンカーテキストと同じように扱われる事も憶えておいて下さい。

シェアする

フォローする