ブログ

Information&Blog

ホームページのソースが表示できない?ブラウザごとの対処法
更新日:

ホームページを右クリックしてソースが表示できない場合、以下の方法をブラウザごとに具体例と共にご紹介します。

キーボードショートカットを使用する方法

ホームページ上でキーボードショートカットを使用してソースコードを表示する方法。
具体的なショートカットキーはブラウザやオペレーティングシステムによって異なる場合がありますが、以下は一般的なキーボードショートカットの例です。

- Windows: Ctrl + Uまたは Ctrl + Shift + C

- Mac: Command + Option + Uまたは Command + Option + C

これらのショートカットキーを押すと、ウェブページのソースコードが新しいタブやウィンドウで表示されます。

開発者ツールを使う方法

1. ページを開いた状態で、キーボードショートカットを使用します。

- Google Chrome, Microsoft Edge: Ctrl + Shift + I(Windows)または Command + Option + I(Mac)

- Safari: Option + Command + C

- Firefox: Ctrl + Shift + C(Windows)または Command + Option + C(Mac)

2. 上記のショートカットキーを押すと、開発者ツールが表示されます。
ツールの上部には「Elements」または「検証」というタブがあります。
クリックすると、HTMLコードが表示されます。

URLバーで直接view-source: を使用する方法

一部のブラウザでは、URLバーに直接「view-source:」を入力することでソースコードを表示することができます。

例えば「view-source:https://example.com」と入力すると、ウェブページのソースコードが表示されます。

ブラウザのJavaScriptの実行を停止する方法

1. ページを開いた状態で、キーボードショートカットを使用します。

- Google Chrome, Microsoft Edge: Ctrl + Shift + I(Windows)または Command + Option + I(Mac)

- Safari: Option + Command + C

- Firefox: Ctrl + Shift + C(Windows)または Command + Option + C(Mac)

2. 開発者ツールが表示されたら、ツールの上部にある「Console」または「コンソール」というタブをクリックします。

3. タブ内のコンソールに以下のコードを入力し、Enterキーを押します。

debugger;

これにより、JavaScriptの実行が停止されます。
その後、ソースコードを表示することができます。

Pythonでスクレイピングする方法

Pythonを使って特定のウェブページのソースコードを取得する方法もあります。
以下は、PythonのライブラリであるBeautiful Soupを使用したスクレイピングの例です。

import requests
from bs4 import BeautifulSoup

url = 'https://example.com'
response = requests.get(url)
soup = BeautifulSoup(response.text, 'html.parser')
source_code = soup.prettify()
print(source_code)

上記のコードでは、指定したURLのウェブページのソースコードを取得し、prettify()メソッドで整形して表示しています。

以上が、ホームページを右クリックしてソースが表示できない場合の対処法です。
適切な方法を選んで、必要な情報を確認してください。

検索ボックスへキーワードを入力してください

ホームページの作成、更新、SEOに関する
お問い合わせ・お見積もり依頼は、
電話・問い合わせフォームでも受け付けております。

0120-781-437

受付時間 平日 9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら