「xhtml+css」

なかなか、ブログが更新できない日々が続いておりますが、
これもクライアントの皆様からブログ関連の引き合いを
たくさんいただいたからに他なりません。
うれしい悲鳴です。皆様ありがとうございます!
さて、今日の話題ですが、
前回の最後にも予告しました、ホームページの「標準規格」の中身について
ほんの少しだけ書いてみたいと思います。
インターネットが日常生活の一部となって久しい今日この頃ですが、
現在のインターネットに世界では、ホームページが数え切れないほど作られ、
そして、より複雑なものになっています。
しかし、少し昔に立ち戻ってみると、
インターネット創成期のホームページは、学術研究機関の間で、
論文やデータ等を共有することを目的に作られていましたので、
画像などは使わない、文字だけの単純なものでした。
そして、パソコンの性能が上がり、インターネットのブロードバンド化が進んだ昨今、
ホームページは、さまざまなテクニックを使って個性を競う時代となりました。
さまざまな表現手法が取り入れられ、より華やかになっていく中で、
インターネットの本来の姿、「文字で情報を伝える」という機能が
次第に忘れられていったのです。
そこで、W3Cという団体を中心に、インターネットの本来の姿に立ち戻ろうという
試みがなされるようになりました。
そして、このW3Cが決めた、ホームページのガイドラインがいわゆる「標準規格」です。
この「標準規格」の基本概念は、
ホームページを「文字情報(=html)」と「デザイン(=css)」に分けるというものです。
そうすることによって、「html」には余計な情報が書き込まれずに、
文字情報としてよりシンプルな洗練されたものになっていきます。
たとえば、このブログの「css」をはずすとこんな風に見えます。
(ちなみに、検索ロボットは、文字情報しか理解しませんので、
SEO的にも有利ということになります。)
さらに、「html」はインターネットの中だけで使われる書式ですが、
より汎用性が高い、「xml」という書式があります。
この「xml」と「html」を組み合わせたものが、「xhtml」と呼ばれるものですが、
通常、ブログは「xhtml」と「css」とでページを表示します。
このように、ブログはホームページの「標準規格」を先取りしたつくりになっていますので、
ホームページの未来の姿とも言えるでしょう。
今回はちょっと小難しい感じになってしまいましたので、
次回はブログの「楽しさ」について書いてみようと思っています。
それでは、また。

シェアする

フォローする