ホームページは優秀なスタッフです

連休にリフレッシュしてパワーチャージをしてきた武本です。

食べる事ばっかり書いているので、たまにはまじめな話を・・・。

私がインターネットビジネスにかかわりはじめた頃は、
中小企業のみなさんは
「まだうちにはHPは必要ない」
という方がほとんどでした。

その頃のHPはいわば大きな道路沿いに立つ大きな看板、
企業イメージアップのツール。
大企業ならまだしも、うちは・・・って時代でした。

それが今は、WEBの世界で成功した起業家がたくさんメディアに取り上げられ、
「自社HPくらい持っていないと」という時代になりました。

一つのホームページが、たくさんのビジネスチャンスを生み出す時代になっています。

ですが、ホームページを「アクセサリー」と考えている方もまだまだ多くいらっしゃいます。

自社情報の情報だけを記載したホームページ。

商品があっても、「興味のあるかたはお電話下さい」なホームページ。

何年も前から更新が止まっているホームページ。

存在するけれど、動いていない(働いていない)
ホームページが多いんですね。

私はホームページの役割は色々あると思いますが、

一例として、ぱっと目を引く、素敵な食事屋さんができたとします。

そこに飛び込みで入ってくる人は何割くらいいるでしょうか?

もちろん、入る前には、
「何が食べられるのか、値段はどのくらいなのか、自分の好きなお酒は置いてるかな?」
「外側のお店は素敵だけど、中のインテリアはどうなのかな?サービスはいいのかな?」

こんなことを考えますよね?

ドアの前に全部の情報が張り出されていたら、すぐ入れるでしょう。
「あ!自分の好きな珍しい焼酎が置いてある!」なんて・・。
でもドアの前にそんな詳しく説明してくれてるお店なんてないですよね。

現実は、何度か通り過ぎ、クチコミなどで
「あの店おいしかったよ~。 サービスもよかったよ~」
なんて広がりだしてから行く人も多いんじゃないでしょうか?

ホームページは、開けたドアの前で
「どうぞうちの店を見てください。料理はこんな料理を出しています。
お酒の種類もこんなにあります。こんな元気いっぱいのスタッフが働いています。
お店の雰囲気はこんな感じです。宴会にも使えますよ。」

とお客様にニコニコ愛想よく説明するスタッフです。
とっても、使えるスタッフなのですよ(^^)

情報誌や広告、フリーペーパーなどに載せられる情報には限りがあります。
ですがホームページでは好きなだけアピールできます。

どんな業種でも、今の時代は雑誌などのメディアであったり、
WEBサイト(ホームページ)であったり、
事前に下調べをしてお金を消費する時代になりました。

「同じお金を使うなら、失敗をしたくない」

そんな思いがそうさせるんでしょうか?
現在の「お取り寄せブーム」もそんな時代を反映しているのではないでしょうか?

一例として飲食店を上げましたが、全ての業種において、
「受付窓口の優秀なスタッフ」は必要ですよね?
このスタッフは「優秀な営業マン」にもなります。

私の友人の一人に、北海道の釧路に住む友人がいます。

私の住む本州の端から、北海道の端(^^)で
今の時代は高い遠距離電話代を払う事もなく、
携帯メールとパソコンで
近くにいるときと変わらぬ付き合いをしています。

趣味が共通する事もあり、携帯メールで

「ねぇねぇ、素敵な雑貨扱ってるショップ見つけたよ」
「URL教えて」
「http://○○○○.jp」
(武本、パソコンにURL入力 カチカチカチ・・)
「いいお店だね!私もかっちゃおっと」
「ここのお店とても親切だよ」(以下、携帯メール交換は続く・・)
なんてやりとりをしています。

日本を横断したクチコミで、訪れたこともない県のネットショップさんで
お買い物をしています。
(当然このクチコミは現実でも「それどこで買ったの?」「ネットだよ」「教えて」
と広がっていくわけですが^^;)

このブログを見ている皆さんで、優秀な営業マンと受付スタッフを育てずに
放置されている方、もったいないですよん。

と、たまにはまじめなブログをお届けしました。

追記
ゴールデンウィークは、博多に行きました。
私の頭の中は、
「以前お土産でもらって、あまりのおいしさに感激した、
その料亭にいかないと買えないある料理屋さんが作っている明太子」でいっぱい・・。

お昼のランチを食べに行って、明太子を買うぞ!と
鼻息も荒く宿泊先のフロントでお店の場所を聞くと、パンフレットをくれました。
そのパンフレットには「ネット販売はじめました」の一文が・・・。

がーん。知らなかった・・。
でもくやしいのでお店で買いましたが、昔と変わらぬおいしさで、
家族取り合いになりました。

便利な時代になりましたね・・(しみじみ)

シェアする

フォローする