武本の「旅サラダ」

ようやく春めいてこちら本州のはじっこも、暖かくなってきました。
もうすぐゴールデンウィークですね。
旅行も好きな私ですが、まだゴールデンウィークの計画は決まっておりません。
時間があれば

「おホホホ、ちょっとモルディブまで行って来ますわ」
なんて言ってみたいものです(宝くじが当たらないかぎり無理ですが)。

ここ最近の旅行は「宮古島」と「湯布院」ばかりです。
知らない街に行って新しい発見をするのもいいのですが、
この二つの場所にはまってしまってからは、
ここばかりになってしまいました。

今回ご紹介するのは「宮古島」です。

車で一周してもわずか40分の小さな島です。
なにもないです。海だけです。
でも、この海が半端じゃないんです。
めちゃめちゃきれいです。
知り合う人は「移住組」が多く、
この島に惚れてしまってもう住んじゃった!という若い人も多いです。
「終の住みか」として、定年された方が家を買われて
ご夫婦だけで移住されてくる人も多いとか。

宮古島はいくつかの小島と橋で結ばれていて、
特に私は「池間島」が大好きなのですが、
宮古島にあるホテルを色々泊まってみて、一番のお気に入りになり、
それ以来宮古島にいく度お世話になるのが、

ラサコスミカツーリストホーム

です。

ちいさな、6組しか泊まれない宿です。
テレビも電話も部屋にありません。
まわりにも何もありません・・。
不便です。
でも忙しい毎日、

「あぁ~、電話や何もかもから開放されたいぃ~!」

なんて時、これだけ日常から解き放たれた空間にいると、
必要と思っていたことが実はあまり必要じゃなかった、事に気がついたりします。

一番のおすすめは「星空」。
ここの屋上で、オリオンビールや泡盛を持って上がって
星空をみながらお酒を飲む。最高です。
こちら本土とは空の近さが違います。
そして周りに明かりがないので星の明るさも違います。

私はできたばかりのころ、雑誌の小さな記事を頼りにいったのですが、
今ではすっかり予約のとれない宿になってしまいました・・。

沖縄はパワースポットと言われてますが、
ここ池間島もパワースポットといわれています。
自然は人間を元気にしてくれるのかもしれませんね。

ほんの少し海に入り、海をのぞくとお魚だらけです。
(カナヅチの武本が入れるくらいの深さでもお魚いっぱいです)
人間を怖がらないので、足先をつついて遊んでくれたりします。

なんて書いてたら、ゴールデンウィークに遠くに行きたくなってしまいました・・。

それではまた!

シェアする

フォローする