買ってくれるユーザー?買ってくれないユーザー?

お客様が検索エンジンから
あなたのサイトにたくさん来てくれることはとてもいいことです(。-∀-)
でも、一番いいのは
「商品やサービスを購入/利用するために来てくれるユーザー」
ではないでしょうか?
そこで…


今では、色々な統計が出ているのですが、
殆どの場合、yahoo!(ヤフー)の検索エンジンから訪れるユーザーの方が、
google(グーグル)から訪れるユーザーよりも
「商品をかってくれる確率が高い」のです。
では、いったいなぜyahoo!(ヤフー)からきてくれるユーザの方が、
購買率が高いのでしょうか?
一般的に、google(グーグル)のユーザは、
日本国内では、どちらかというとインターネットに詳しかったり、
自分でサイトを運営しているような方が多く、
買い物をするときも様々なサイトをグーグルで検索して
比較してかなり慎重に選んでいるからではないかといわれています。
一方、yahoo!(ヤフー)を使ってショッピングできるサイトを探すユーザーは、
google(グーグル)をあまり使ったことが無く、
検索といえば、「ブランド名が知れ渡っているyahoo!(ヤフー)を使う」という方たちが多いようです。
google(グーグル)で検索するユーザーはネットに詳しいユーザー
yahoo!(ヤフー)で検索するユーザーはネットにそれほど詳しくないユーザー
全国的にはまだまだネットに詳しくないユーザーが圧倒的に多いはずです。
ここで分かるのは、google(グーグル)の上位表示だけでは、
あなたのホームページの売り上げを増大させることは難しいということ、
yahoo!(ヤフー)での上位表示を最重要目標にした方が
売り上げ増大の可能性が格段に高まるということです。

シェアする

フォローする