SSLとは?

インターネット上で安全にデータの送受信を行う為には、第三者に読み取られないような暗号化が必要です。
オンラインサービスが充実している現代において、インターネットでのデータのやり取りに対応した暗号化技術の一つがSSLです。

企業がSSLを導入する事によって、サイトを訪れたユーザーは、予約サイトなどのECサイトを安心して使えます。
SSLの役割は、Webサイトの所有者の証明とデータの暗号化です。

Certification Authorityという認証局がありますが、この認証局はSSL証明書を発行し、Webサイトが信頼出来る物である事を証明してくれます。

暗号化されたデータを解読するには、CAによって発行された電子証明書が必要となり、ブラウザによってはサイト閲覧において暗号化を適切に解読するのに電子証明書を導入しなければ、サイトにアクセス出来ないといったセキュリティ機能が働く事があります。

サーバにSSLを導入する場合の費用は、共有SSLと独自SSLによって異なります。
共有タイプはサーバ会社が保有している物を活用する為、費用が安くなっているのが特徴であり、独自タイプは自分のサイトのドメインをSSL化しますので全てのページのセキュリティを向上させる利点がありますが、共有タイプよりも料金が高くなります。

独自タイプは、代行サービスを使う事で設定の手間を省く事ができ、メールサーバーともセキュアにデータのやり取りが出来るようになっています。

サービスを利用する際のベンダー定価は、3万円から10万円ほどが相場となっており、どこまで企業サイトをセキュアにしたいのかによって、セキュアサーバにかける費用は大きく変わってきます。

セキュアサーバのレンタルサービスを実施している企業はたくさんありますので、企業の用途に応じてサービスを選択していけば、ネットユーザーが安心して利用出来るオンラインサービスの構築に役立ちます。

シェアする

フォローする