ドメインの登録や更新・移管費用について

Webを運営していく上で欠かせないのがドメインです。

一部無料のものもありますが独自でドメインを取得した方が管理がしやすく、一般的にはプロバイダーのサブドメインをそのまま利用するより独自ドメインの方がSEO上も有利と言われています。

しかし独自のドメインを利用するにはドメイン登録、更新、移管といった費用が発生しますし、人気や種類によっても取得費用が変わってきます。

例えば「.jp」のような分かりやすいものは人気が高いが故にドメイン登録費用も高くなっています。

ちなみに「.co.jp」は一つの組織につき一つなので、一昔前はドメインの格が高いと言われ高額でセールスされた時期もありました。

ドメインの登録費用は時期によっても左右される場合が多く、サーバーの同時申し込みで安くなる事もありますから時期を見て登録すると良いでしょう。

また、ドメインは一度登録すれば終わりではなく継続して利用する場合は、毎年更新費用が発生します。

場合によっては登録費用よりも更新費用の方が高くなるケースもありますし、年々契約する毎に維持費用が上がる業者もありますので注意が必要です。

ドメイン登録をする時は、翌年の事も考えてドメイン管理会社と契約した方が良いでしょう。

ドメインを移管する際にも費用は発生します。

管理会社を変えるだけですがサービースによって手続きも様々で、オースコードなども必要になる場合もありますので未経験者にはかなり敷居が高いと感じられるでしょう。

またサーバーとも連動しているので充分な知識と経験がないとサイトが表示されなくなったといった事態にもなりかねませんので、どうしても移管が必要な場合は専門家に任せてしまった方が安心です。

このようにドメインはただ取得してしまえば終わりではなく、利用の仕方によってはさまざまな費用が発生しますので複数のサイトを構築する場合は、しっかり計画を立ててドメイン維持やサイト運営を行いましょう。

シェアする

フォローする