サイト引っ越しの前にConoHaWINGでテスト環境を作る場合

スポンサーリンク

サーバー側設定

ConoHaWing側にドメイン追加

ConoHaの管理画面から移転するサイトのドメインを追加します。
サーバー管理 → ドメイン → +ドメイン

DNSレコードの設定(※サイトのみ)

ネームサーバーを書き換えても移転前のサイトが表示されうようにAレコードの@とwwwを移転前サイトのIPアドレスに変更しておきます。
DNS → 該当のドメインを選択 → 編集

※移転が終わったらConoHaWingのIPアドレスへ戻すのを忘れずに。

ネームサーバー側設定

ネームサーバーをConoHaWingへ書き換え


※画像はムームードメインの管理画面。

ネームサーバー1:ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2:ns-a2.conoha.io
ネームサーバー3:ns-a3.conoha.io

ローカル側設定

作業用にローカル環境の「hosts」にIPアドレスを追記

Windoes10の場合は windows > system32 > drivers > etc > hosts を編集してIPアドレスとドメイン名を追記します。

追記する項目は以下の内容になります。
IPアドレス ドメイン名
IPアドレス www.ドメイン名

まとめ

この状態で作業するとネームサーバーはConohaWingを向いていてもサイトは移転前のサーバーが表示されます。
また作業に使うパソコンはドメインを参照するより先にIPアドレスを参照するのでConohaWingの状態が表示されます。
HTMLベースのサイトならドメイン直下にテスト環境を作るなりして確認が可能ですがワードプレスの場合はこちらの方法をおすすめします。

シェアする

フォローする