中古ドメインの効果や選び方

中古ドメイン(オールドドメイン)とは

中古ドメインは一度使用されたことがある、期限切れのドメインの事です。

ほとんどの場合ドメインは、1年更新なので使わなくなったホームページのドメインや、ドメインの更新料金を払わなかった場合は期限が切れてしまい凍結期間が過ぎると、早い者勝ちで誰でもそのドメインを取得出来るようになります。

ドメイン更新を忘れていて気がついたらホームページがアダルトサイトになっていたという笑えない事例もあります。

これは中古ドメインが過去に運用されていたページランクや被リンク、ドメインエイジなどの資産を引き継げるのでSEOで有利になる事から起こった例です。

中古ドメインの効果

中古ドメインを使った方が新しくドメインを取るよりインデックスされるのが早いという効果があります。

これは先程も書いたとおりドメインエイジやバックリンクが既についている事から結果が出るのが早いと考えられますが、次のようにインデックスされないものもあるので選ぶには注意が必要です。

中古ドメインがインデックスされない場合

Googleにインデックスされているかどうかは「site:」コマンドを使って確認しますが、いくつか中古ドメインを使っていくうちにインデックスされないドメインも出てきます。

その場合はGoogleのツールを使ってインデックスを促してみましょう。

それでもインデックスされない場合は違うドメインに載せ替えた方が良いでしょう。

中古ドメインの選び方

中古ドメインは被リンクの多いものや運用歴が長いものから選びましょう。

また被リンクの質も重要なのでツールを使って調べます。

MajesticAhrefsなどが有名です。

ちなみにMajesticで選ぶなら被リンクがやたらついているものよりトラストフロー(リンクの質)と、サイテーションフロー(リンク数)のバランスがとれているものが良いです。

またどのようなサイトで使われていたかWaybackMachineなどで過去の運用状況を目視する事も大切です。

サイトの内容がコロコロ変わっているドメインは避けた方が良いでしょう。

中古ドメインの探し方

無料で中古ドメインを探すならExpiredDomain.netで見つける事も出来ます。

Majestic」のバックリンク数やドメインが初めて取得された年、「archive.org」にインデックスされている回数など、細かい条件設定で絞込が行えますが、数が膨大なので、この中から自分の求める条件にあったものだけを抽出しようとするとかなり大変な作業になります。

中古ドメインの購入

このように手間と時間をかけるなら専門業者からの購入を検討したほうが時間の節約になりますので、多少お金をかけても良い場合は情報も豊富な「アクセス中古ドメイン」をおすすめします。

アクセス中古ドメイン

まとめ

中古ドメインを利用する場合は様々なツールでしっかり選定を行い、信頼のおける業者から購入してペナルティを受けていないドメインを使いましょう。

そうする事によりサイトのインデックスも早くなりそのドメインが持っている過去の資産も引き継げます。

またメインサイトで運用するよりサテライトサイトとして利用した方が良い結果に繋ります。

シェアする

フォローする