フェイスブックそれともメルマガ?

マーケティング情報企業のカストラ社によれば、この4年でEメールを顧客の購買行動につなげたオンライン小売業者の数は4倍に増え、メールを受けとった顧客のうち約7%が購買をしているという。一方、Facebookを通じた買い物の認知度はわずかに上昇しているものの、それが購買行動につながった割合はいまだに少ない。また、Twitterを通じた買い物はまったく知られてもいない。
引用元:SNSを上回る、電子メールによるマーケティング効果(WIRED.jp)

ソーシャルの使い方や売っているもよるのだろうけれど・・・。
確かに単価が高騰してるとはいえCPCに力を入れた方が結果が出るのが早いし、
メールマガジンからの反応も以前に比べ鈍くなった感じはするけれども有効な方法。
いずれにせよホームページでしっかりメッセージを伝えて
様々なツールを有効に活用していくべきかと。

シェアする

フォローする