相互リンク削除依頼が増えて来た理由

最近ちょくちょく相互リンクの削除依頼が来ます。
数年前は相互リンクをする事により
ホームページの評価も上がり検索結果にも良い結果に繋がっていました。
ところが今年の春にGoogleがペンギンアップデートという検索のアルゴリズムを導入したので「過剰な相互リンク」はペナルティが科される事となってしまいました。
Penguin close-up
参考:Googleウエブマスター向け公式ブログ
良質なサイトをより高く評価するために
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_25.html
また、品質ガイドラインには以下の記事も掲載されています。

Google 検索結果におけるサイトのランキングは、そのサイトにリンクしている他のサイトの分析によっても影響を受けます。リンクの量、品質、関連性が評価の対象となります。サイトにリンクしている別のサイトから、そのサイトのテーマや、品質および人気度を知ることができます。しかし、相互リンクに参加している一部のウェブマスターは、リンクの品質、ソース、自分のサイトに与える長期的な影響を無視して、相互リンクだけを目的としたパートナー ページを作成しています。これは Google のウェブマスター向けガイドラインに対する違反となり、検索結果でのサイトの掲載順位に悪影響を与える可能性があります。リンク プログラムには次のようなものがあります。
・PageRank の操作を意図したリンク
・ウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンク
・過剰な相互リンクやリンク交換
・PageRank を転送するリンクの売買
他のサイトから自分のサイトへの関連リンクを作成してもらう最善の方法は、インターネット コミュニティですぐに人気となるような、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。役立つコンテンツの数が多いほど、誰かがそのコンテンツが自分のサイトのユーザーにとって役立つことに気付き、リンクを作成してもらえる可能性が高くなります。何かを決定する際は、まず「これはページを訪れた人にとって有益か」と考えてください。

参考:Googleウエブマスタツール
リンクプログラム
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=66356
このような大きなアルゴリズムの変更がありましたので
数年前熱心に相互リンクで順位を上げていたサイトから
次のような依頼が来るようになりました。
—–(ここから)—–
この度、リンクの削除のお願いで連絡させて頂きました。
当サイトが、Googleから品質ガイドラインの違反に関する警告を受けている影響で
一時的にリンクの削除を行っております。
貴社にも今後ご迷惑にもなりますので、
大変申し訳ございませんが以下のページ内あります当サイトの
リンクの削除をお願いできますでしょうか。
—–(ここまで)—–
インターネットの世界はこのように
一夜にして状況が変わる事が多々あります。
相互リンク集は削除してしまって、
関連性のあるリンク集だけにした方が良いと思います。

ホームページ制作やリニューアルのお問い合わせは通話料無料のフリーダイアルで受け付けております。 → 0120-781-437 (平日 9:00~20:00)
メールでのお問い合せはこちら
https://www.blanc.to/contact.html

シェアする

フォローする